敏感肌の私は使える化粧品が限られてきます。だからとてもシンプルなスキンケアで過ごしています。
でもたまにスペシャルなケアをしたいなぁという時に使うものが冷蔵庫の中にあります。
それは「ヨーグルト」です。これでヨーグルトパックを作るのです。

作り方は簡単。大さじ2杯程のプレーンヨーグルトに小麦粉を少し入れてかき混ぜます。これは液だれしない為なので、トロッとしてきたらOKです。
乾燥肌の私はこれにティースプーン1杯程のはちみつを入れて保湿効果をアップします。
これを洗顔後の肌に塗って10~15分放置します。そしてぬるま湯でオフ。

すると、ひと皮剥けたようなツルツルな肌になり、顔のトーンも明るくなった感じになります。私は今まで使った市販のどんなパックより効果を感じました。
これはヨーグルトが持つピーリング効果によるものです。ケミカルなピーリング剤よりずっと穏やかで、保湿効果もあるので敏感肌や乾燥肌の人にはとてもおすすめです。

また、小麦粉の代わりに緑茶を入れたり、砂糖を入れてスクラブ効果を出したりと、自分の肌状態によって材料をカスタマイズできるのも実験のようで楽しいです。

私は予想以上の効果にうれしくなり、2、3日に1回のペースでパックしていました。すると肌が赤くなりピリピリと刺激を感じるようになってしまいました。穏やかと言えどあくまでピーリングなのでやり過ぎは禁物です。また皮膚の薄い目元や口元も避けた方が良いです。
今は月に2、3回程の使用にしていて、肌の調子がとても良くなりました。食べても塗っても美容に良いヨーグルトは私のシンプルスキンケアに欠かせない存在です。